2018年11月15日(木)

羽田空港の旅客負担増 国際線で着陸料500円
17年度めど徴収

2015/4/4付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

国土交通省は2017年度をめどに、羽田空港の利用客から施設整備を目的とした追加の利用料を徴収する検討に入った。国際線は1人500円、国内線では100円を軸に調整する。発着枠が増える羽田ではターミナルビルなどの増強が必要で、整備費の負担を旅客にも求める。国際線では旅客1人あたりの負担額は約2割増える。成田国際空港では航空会社が支払う空港着陸料を最大2割程度下げる案を検討し、両空港が共存する体制をめ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報