トヨタ米戦略の切り札、実はマツダ「デミオ」

2015/4/2付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

トヨタ自動車が屋台骨の米国市場で戦略の立て直しに動き始めた。景気拡大を受けて全体の販売は堅調だが、20代~30代前半の消費者へのアピール力の弱さが泣きどころだ。「品質や燃費は良いけど、デザインが退屈」とのイメージを払拭できず、北米の若者向けブランド「サイオン」が販売不振に陥っている。挽回の切り札に指名したのはマツダだった。

1日に開幕したニューヨーク国際自動車ショー。トヨタは前日夜に一部の報道陣…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]