/

この記事は会員限定です

全日空、手荷物預け自動化 待ち時間を半分以下に

[有料会員限定]

全日本空輸は5月から羽田空港の国内線カウンターに無人で手荷物を預けられる機械を導入する。有人カウンターを含む窓口の数を従来の2倍以上に増やし、待ち時間は半分以下に短縮できる見込み。日本航空も今月末から手荷物手続きの一部を自動化する。北陸新幹線の開業などで鉄道との競合は激化しており、搭乗手続きをスムーズにして空の旅の競争力を高める。

全日空は5月下旬に羽田空港の国内線カウンターに5台の手荷物自動預け...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り788文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン