/

この記事は会員限定です

太陽光パネル、世界大手が日本に攻勢 海外製品4割超へ

[有料会員限定]

太陽光パネルの世界大手メーカーが日本市場に攻勢をかける。インリーグリーンエナジー(中国)など4社は年内に、発電能力で計380万キロワットのパネルを出荷する。太陽光発電の買い取り価格引き下げで割安な海外製品の需要が高まる。現在約3割の海外製品比率は4割を超える見通しだ。消費者にとって選択肢が広がり、発電コストの低下にもつながりそうだ。

カナディアン・ソーラー製のパネルを採用した商社伯東のメガソーラー(三重県津市)

カナディアン・ソーラー製のパネルを採用した商社伯東のメガソーラー(三重県津市)

世界トップ3(2013年時点)のインリー、トリナ・ソーラー(中国...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り917文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン