尾上菊之助さんが北京で公演 4月、京劇と歌舞伎

2015/3/26付
保存
共有
印刷
その他

日中の友好親善を目的に、京劇と歌舞伎の北京公演が4月に行われることになり、出演する歌舞伎俳優の尾上菊之助さん(37)が25日、東京都内で記者会見し「日本代表として役目をいただいた以上、日中友好に全力を尽くしたい」と抱負を語った。

公演は4月2、3両日に北京の梅蘭芳大劇院で開催。歌舞伎は菊之助さんが「春興鏡獅子」を踊り、京劇は中国国家京劇院による「覇王別姫」と「大登殿」を日替わりで上演する。

小さいころから京劇が好きという菊之助さんは「肉体の芸術は国境を越えると思っている。芸術を通じての友好の機会はありがたい」と語った。会見には自民党の中曽根弘文元外相も出席した。

中国での歌舞伎公演は国交正常化前の1955年に始まり、79年には菊之助さんの祖父の尾上梅幸さんも「鏡獅子」を演じている。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]