/

バス乗車券、ピーチ機内で ビィー・トランセが発売

バス運行のビィー・トランセホールディングス(千葉市)は4月、JR東京駅と成田空港を結ぶ格安高速バス事業を拡大する。格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーションと組み、機内でバス乗車券を販売。運行本数は1.5倍に増やす。成田で4月にLCC専用ターミナルビルが開業することなどを踏まえ、収益拡大につなげる。

ピーチ機内では4月1日から、成田到着便の全便(関西国際空港線、新千歳空港線、福岡空港線)で東京駅行きの当日券を販売する。片道料金(大人)は1000円で、バス内やインターネットでの料金と同じ。

現在1日当たり79便のバス運行本数(東京駅行きと成田行きの合計)はLCC専用ビルが開業する4月8日から、1.5倍の117便に増やす。成田のバス始発・終着場所は同日以降、一部の便を除いて他のビルからLCC専用ビルに移る。

ビィー・トランセは東日本旅客鉄道(JR東日本)グループのジェイアールバス関東(東京・渋谷)と格安高速バスを共同運行している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン