/

この記事は会員限定です

日本風力開発にTOB 米ファンドのベインキャピタル

[有料会員限定]

米大手投資ファンドのベインキャピタルは、東京証券取引所第2部上場で風力発電国内3位の日本風力開発に対してTOB(株式公開買い付け)を実施する。全株取得を目指しており、買い付け総額は最大約97億円となる見通しだ。TOB完了後は内部管理体制を強化して取引金融機関との関係改善を進める。風力発電所の建設を加速し、数年後の再上場を狙う。

買い付け価格は20日終値(463円)を25%上回る580円で、24日に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り335文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン