米ゴールドマン系、不動産投資を拡大 丸の内で400億円

2015/3/23付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米ゴールドマン・サックスの日本の資産運用子会社はこのほど、東京・丸の内のオフィスビルの一部フロアを約400億円で取得した。オフィス需要の高まりで都心一等地では今後賃料の上昇が見込めると判断した。2020年の東京五輪を控えた地価の上昇期待も強く、外部の投資家の資金を活用して日本での不動産投資を拡大していく。

運用子会社ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントが東京駅に隣接する「グラントウキョ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]