/

この記事は会員限定です

畜産・酪農の基盤強化へ 農水省方針、国産飼料活用など

[有料会員限定]

農林水産省は20日、畜産や酪農の生産者や流通業者などを集めた「畜産部会」を東京都内で開き、弱体化している生産基盤を立て直すための基本方針をまとめた。近年、肉用牛の子牛や輸入飼料の価格上昇が生産者の採算悪化を招いていることを踏まえ、子牛の繁殖から肥育までの一貫経営や、輸入飼料への依存度引き下げなどを促進することを打ち出した。

この日取りまとめたのは「酪農及び肉用牛生産の近代化を図るための基本方針」。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り323文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン