2019年1月23日(水)

人工クモ糸のスパイバー、鶴岡高専と共同研究

2015/3/17付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

人工クモ糸繊維のベンチャー企業、スパイバー(山形県鶴岡市)は鶴岡工業高等専門学校(同)と人材交流などで連携する。4月から同校の教員を迎え入れ、共同で高分子化学を研究する。その成果を特別授業などで学生に教え、相互交流を図る。将来はスパイバーの研究員らが同校で教える常設の講座も検討する。

鶴岡高専からスパイバーが受け入れる教員は、物質工学科の森永隆志准教授。3年間、同社に常駐し、最先端設備を使ってバ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報