/

この記事は会員限定です

食品・外食、野菜を国産に カゴメはジュース用トマト全量

[有料会員限定]

食品メーカーや外食企業がブランドを代表する看板商品に使う野菜を相次ぎ国産化している。カゴメはトマト飲料の原料となるトマトを全量国産化する方針だ。冷凍食品や外食のラーメンなどでも国産野菜に切り替える動きが広がっている。国産は鮮度が高いまま加工・調理できるほか、食の安心・安全を求める消費者ニーズにも応えられる。商品力を高める各社の動きは、国内農業の活性化にもつながりそうだ。

カゴメは全量国産化に向け...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り823文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン