2019年1月20日(日)

室蘭―宮古間に航路、川崎近海汽船 18年春にも

2015/3/11付
保存
共有
印刷
その他

川崎近海汽船は10日、室蘭港と岩手県宮古港を結ぶ定期フェリーの航路を開設すると発表した。時期は2018年春で検討する。東日本大震災からの復興で東北地方の道路整備が進み、宮古港から岩手県内や仙台、首都圏へのアクセス向上が見込まれる。観光需要のほか、休憩時間が確保できるとして運転手不足に悩むトラック事業者の引き合いがあるとみている。

1日1往復運航する。ダイヤや使用する船舶は今後詰める。宮古港のターミナルの整備などを進める。首都圏から食料品や資材などを道内へ運んだり、道内から農水産品などを道外へ運んだりする貨物需要を見込む。

航海時間は10時間を計画。寅谷剛フェリー部長は「トラック運転手の長時間運転への罰則強化に絡み、北海道のトラック事業者からフェリー乗船中に継続して8時間の休息がとれる航路開設の要望が出ていた」と話す。利用が多ければ運航本数増も検討するという。

同社は苫小牧―八戸間のフェリー航路を1日4往復運航する。航海時間は8時間で、トラック運転手が連続8時間の休息をとるには短かった。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報