2019年1月19日(土)

職務発明の特許の会社帰属、社員の合意条件 法改正最終案

2015/3/9付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府は仕事上の発明の特許を「会社のもの」とする特許法改正の最終案を固めた。従業員との合意で社内規則や契約方法を決めたケースに限り「初めから会社に権利が帰属する」と明記する。きちんとした規則がない会社だと、従来どおり従業員に特許を取る権利がある。職務発明の取り扱いをめぐる約2年の議論がようやくまとまった。

政府はこの特許法改正案を今週にも閣議決定し、いまの国会での成立をめざす。これまで日本では特許…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報