「新事態」起きれば自衛隊の防衛出動可能に 政府案

2015/3/6付
保存
共有
印刷
その他

政府は5日、新たな安全保障法制のうち、集団的自衛権を行使できるようにするための法改正案を自民、公明両党に提示した。日本への武力攻撃がなくても、武力行使の新3要件を満たす「新事態」が起きれば、自衛隊が防衛出動できるようにする。政府はこうした事態を「存立危機事態」と呼ぶ方向で検討している。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]