/

この記事は会員限定です

沖縄県浦添市、モノレール新駅周辺開発へまちづくり会社

[有料会員限定]

沖縄県浦添市はモノレール「ゆいレール」で4年後に開業予定の新駅、てだこ浦西駅(同市)の周辺開発を後押しするため、まちづくり会社を2015年度中に新設する。開発に参加する事業者の意向をくんだ計画を初めにつくる新方式を採用する。米軍施設の返還が予定され開発が相次ぐ同市では、今回の方式を今後のまちづくりのモデルケースにしたい考えだ。

まちづくり会社は持ち株会社として、資本金は約4億円、市や民間企業、金融...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り807文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン