/

この記事は会員限定です

太陽光発電のコスト上げ 火力停止分、経産省試算に反映

[有料会員限定]

経済産業省は太陽光発電のコスト試算の方法を見直す。太陽光の導入によって稼働が止まる火力発電所の損失などをコストに上乗せする。従来は原発や火力に比べて太陽光の導入費用を低く見積もっていた。将来の電源構成を決める議論に反映することで、太陽光の導入制限につながる可能性もある。

経産省は3月初旬に開く「発電コスト検証ワーキンググループ」に、太陽光や火力のコスト試算の見直し案を示す。政府による発電コストの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り287文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン