燃料電池車は「究極のエコ」なのか(真相深層)

2015/2/28付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

トヨタ自動車の世界初の一般向け燃料電池車(FCV)、「ミライ」の販売が好調だ。昨年末の発売からわずか1カ月で、受注台数が約1500台に達し、早くも増産を決めた。走行時に水しか排出しない「究極のエコカー」として政府も普及を進めるが、環境性能を疑問視する見方もある。課題は水素の製造過程で出る温暖化ガスの二酸化炭素(CO2)だ。

「水素時代の幕開けだ」。安倍晋三首相は1月15日、首相官邸の前庭でミライ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]