/

この記事は会員限定です

飲料自販機、中国を開拓 富士電機はカップ用現地生産

[有料会員限定]

飲料の自動販売機メーカーが中国に本格進出する。国内最大手の富士電機はカップに飲料を注ぐ方式の自販機の現地生産を始め、現地企業と販促のための合弁会社も設立。サンデンは4割多く缶を収容できる機種を投入する。中国の自販機設置台数は日本の10分の1以下と潜在需要は大きい。補充などを担う自販機運営会社が育ち普及が加速すると判断。日本での伸びが期待できないなか、中国を成長エンジンに位置づける。

富士電機は夏に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り747文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン