/

この記事は会員限定です

「きのこの乱」が示す道 日本のM&A、一歩前進

証券部 川崎健

[有料会員限定]

日経平均株価が連日高値を更新する水面下で、今週は創業家のゴタゴタに端を発した株式市場を舞台とする2つの「事件」が立て続けに飛び出した。創業家支配からの脱却を狙いファンドがTOB(株式公開買い付け)をかけた雪国まいたけと、創業家内の対立が委任状争奪戦に発展した大塚家具だ。前者は「お家騒動」という興味本位の内輪もめの次元を超え、日本のM&A(合併・買収)の歴史に新たな1ページを刻む可能性を秘める。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1061文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン