/

この記事は会員限定です

日経平均2万円の条件、主役銘柄の突破力カギ

編集委員 三反園哲治

[有料会員限定]

日本株を持たざるリスクに目覚めた海外マネーが東京株式市場に流入し始めた。日経平均株価は15年ぶりの高値圏にあり、2000年4月以来の株価2万円が市場関係者の視野に入ってきた。市場の新陳代謝が進み株高をけん引する主役企業は当時に比べ変わった。企業の資本効率の高さが持続的な株高のカギであることも改めて浮き彫りになる。

25日の日経平均は前日比18円安で終わった。前日まで5日連続で上昇し、上げ幅は計61...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1046文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン