/

この記事は会員限定です

食品スーパーのエコス、健康志向の新型店 茨城に

[有料会員限定]

首都圏地盤の食品スーパー、エコスは低カロリーや減塩など健康志向に配慮した新タイプの店舗を本格展開する。5~7月をメドに茨城県内に売り場面積2千平方メートル規模の旗艦店を出店する計画で、シニア客などの新たな需要を取り込む。2015年度に開業予定の6店全てを新タイプの店舗とし、既存店の業態転換も進める。

新タイプの店舗は「TAIRAYA」の屋号で広げる。低カロリー商品などに特化した売り場「ナチュライブ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り205文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン