山口県萩市、旧藩校「明倫館」跡に魚レストラン

2015/2/25付
保存
共有
印刷
その他

山口県萩市は24日、長州藩の旧藩校「明倫館」跡地の建物に魚を提供するレストランを開設すると発表した。2017年度のオープンを目指している。1935年(昭10年)にでき、昨年まで明倫小学校の校舎として使われていた歴史的な建物で、市は明治維新150年の2018年をにらみ、観光集客につなげる。

木造建築の旧明倫小学校の校舎は4棟ある。レストランは総合観光案内や観光関連事務所などが入る本館棟に設置する。「1階の入り口近くに配置する」(市総合政策部)という。

市は15年度に本館棟とその横の2棟目の耐震補強や老朽改修工事を実施。2棟目には幕末ミュージアムや大河ドラマメモリアル館が入る。15年度予算案に整備費4億8300万円を計上した。野村興児市長はレストランについて「萩の産品を活用する」と語った。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]