/

この記事は会員限定です

原発集中地域の安全基準厳しく 業界団体が数値目標

[有料会員限定]

電力会社でつくる原子力リスク研究センター(東京・千代田)は複数の原発が立地する地域で安全を確保するための数値目標をつくる方針だ。事故により廃炉となった東京電力福島第1原発1~6号機のように、日本の原発は特定の地域に集中立地している。原子力規制委員会が定める規制基準を上回る目標を業界が設定することで、再稼働に理解を得たい考えだ。

原子力リスク研究センターは電力各社が資金拠出している電力中央研究所の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り369文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン