2019年1月24日(木)

コストコ、東北進出 まず山形県上山市に

2015/2/18付
保存
共有
印刷
その他

米国系の会員制量販店「コストコ」を展開するコストコホールセールジャパン(川崎市)は17日、山形県上山市に東北1号店を出すと発表した。早ければ今年7月初めにオープンする。来春には宮城県富谷町に東北2号店を出す予定。将来的には東北各県に1店舗ずつ出したい考えだ。

上山市と防災時の物品供給に関する協定書調印のため同市を訪れた同社代表取締役のケン・テリオ氏が明らかにした。

かみのやま倉庫店(仮称)の予定地は新興住宅地「みはらしの丘」の一角にある。3万5000平方メートルの敷地に、延べ床面積2万1000平方メートルの2階建て店舗とガソリンスタンド、860台収容の駐車場を整備する。売り場は1階で2階と屋上が駐車場。ガソリンスタンドは店舗より1カ月早くオープンする予定だ。

17日から店舗スタッフの募集を始め、当面は200人体制でスタート。大半は地元から採用する。会員数に応じて順次スタッフを増やし、過半数は正社員として雇用する計画だ。商圏は車で1時間以内のエリアを想定し、北は新庄市、南は米沢市あたりまでを見込む。

テリオ氏は「山形、宮城以外ではまだ具体的な計画はないが、1県に1店は出したい。年会費に見合うだけの価値を提供する自信はある」と抱負を述べた。

コストコは現在、日本を含む9カ国、670カ所で会員制倉庫型店舗を展開。国内には20店ある。生鮮食品をはじめ日用雑貨や家庭用品、家電製品、事務用品など3500種類以上の商品を低価格で販売する。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報