/

この記事は会員限定です

木村鋳造所、3Dプリンターの鋳物生産能力1.5倍へ

[有料会員限定]

鋳物製造の木村鋳造所(清水町、木村寿利社長)は、3Dプリンターを用いて作る鋳物の生産能力を1.5倍に拡充する。製品を生産する先端プロセス技術センター(伊豆の国市)で、3Dプリンター1台を最新鋭の設備に更新するほか、工場設備を増強する。自動車のエンジンや、金型向けなどの受注が伸びており、生産能力を増やして需要の取り込みを加速する。

木村鋳造所が取り組む3Dプリンターを使った鋳物製造は、まずデータを基...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り698文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン