ファイザー、抗がん剤3位狙う「提携で突破口」

2015/2/16付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米製薬大手ファイザーのがん事業部門トップ、ギャリー・ニコルソン氏は日本経済新聞の取材に応じ、世界市場で7位前後と出遅れている抗がん剤のメーカー別売上高を2020年に3位に引き上げる意向を示した。大型M&A(合併・買収)により規模拡大を求める「ファイザーモデル」にこだわらず、他社との提携や医薬品のライセンス導入を含め幅広い手法で新薬創出を急ぐ。

ファイザーの14年12月期のがん部門の売上高は前の期…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]