/

ランタン祭り、秋芳洞で復活 台湾観光客にPR

大鍾乳洞として知られる秋芳洞(山口県美祢市)入り口の商店街で、台湾のランタンを灯す「ランタン祭り」が復活する。秋芳洞商店会が19~22日に開催、約千個のランタンが商店街を照らす。旧・秋芳町時代に町が開いていたが、2008年に合併で美祢市となってからは実施していなかった。

かつて秋芳洞は台湾からの観光客でにぎわった。一時は減少したが、美祢市が12年に台北市に観光・交流事務所を開設してからは増えている。今回の祭りは約3千人の来客を見込む。秋芳洞の入洞割引もある。

21日は地元食材などを使う屋台を出すほか、イベントも実施、台湾のPRビデオも流す。台湾からの観光客が楽しめるよう演歌のショーも催し、先着500人にイノシシ鍋を無料で振る舞う。

同商店会の安富善政さんは「観光客にも地元の方にも楽しんでいただきたい。秋芳洞の閑散期に、にぎわい創出を目指す」と話している。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン