138億年過ぎても誤差ゼロ秒 東大などが高精度原子時計

2015/2/10付
共有
保存
印刷
その他

 東京大学と理化学研究所、科学技術振興機構(JST)は、138億年が過ぎても1秒も誤差の出ない原子時計を開発した。

 原子時計は時間の物差しとなる存在だ。原子にレーザー光を照射し、その周波数を時計の「振り子」に使い時間を決める。

 東大の香取秀俊教授は「光格子時計」という原子時計を使って周波数を調べた。これまではセ氏23度で観測していたので、温度の変化で周波数が変わりやすかった。装置をセ氏マイナス178度まで冷やして精度を高めた。

 津波など質量が大きい物質の動きを、時間の進み方のわずかな変化を通じて測れる可能性があるという。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

原子時計香取秀俊JST

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 23日 23:00
23日 22:30
東北 0:00
23日 23:00
関東 2:00
0:00
東京 23日 23:00
23日 23:00
信越 0:01
0:00
東海 2:00
2:00
北陸 2:00
1:30
関西 9:57
6:00
中国 10:11
2:00
四国 2:00
2:00
九州
沖縄
10:01
2:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報