/

この記事は会員限定です

ディーゼル乗用車が復権 トヨタ、8年ぶりSUV

[有料会員限定]

軽油で走行するディーゼルエンジンを搭載した乗用車の車種が2015年中に4割近く増えそうだ。トヨタ自動車は今夏にも大型多目的スポーツ車(SUV)で8年ぶりにディーゼル車を投入する。ボルボ・カーなど輸入車も力を入れる。燃料代の安さや走りの力強さが消費者の支持を集めており、数年前まで低迷していた市場は拡大基調だ。ハイブリッド車(HV)などと並び、エコカー選びの有力な選択肢になりそうだ。

トヨタは今夏に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り842文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン