/

この記事は会員限定です

野村不と竹中、超高層ビルの制震装置を共同開発

[有料会員限定]

野村不動産と竹中工務店は超高層ビルの耐震性能を高める装置を共同開発した。このほど始めた東京・新宿の53階建てビル「新宿野村ビル」の耐震補強工事に活用する。地震の震源地から遠くの超高層ビルを揺らす「長周期地震動」の揺れを軽減させる。野村不動産が所有するビルなどに開発装置を導入する。

共同開発した制振装置は高さが3メートル。700トンの重りが載ったレールなどで構成する。大地震が発生すると、レール上の重...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り246文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン