/

この記事は会員限定です

ケーツーエス、お好み焼きで米進出 製麺工場も

[有料会員限定]

お好み焼き店を運営するケーツーエス(広島市)は外食事業で今夏、米国に進出する。1~2年以内にお好み焼き店など3店舗を出すほか、店舗に麺を供給する製麺工場も設ける。同社は2014年に米国法人を設立し、米国で厨房機器販売を手掛けている。外食事業との相乗効果を狙い、現在約3千万円の海外売上高を3年後に3億5千万円まで伸ばす。

米国法人、K2S US CORP.(ロサンゼルス市)が米国での外食事業を担当す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り681文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン