ピケティブーム 財務省、格差論に警戒感

2015/1/31 8:43
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

30日の経済財政諮問会議(議長・安倍晋三首相)で、今年夏の歳出歳入改革のとりまとめに向けた議論が本格的に始まった。社会保障を中心とする歳出の抑制が焦点だが難航は必至だ。政府内では、格差是正を訴える仏経済学者、トマ・ピケティ氏の著書をきっかけに財政改革の機運が衰えるとの懸念も浮上する。

諮問会議は6月にまとめる経済財政運営と改革の基本方針(骨太の方針)で具体策を示す。30日は民間議員が病床再編に地…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]