/

この記事は会員限定です

「物価2%」、達成時期めぐり温度差 諮問会議で政府と日銀

[有料会員限定]

政府の経済財政諮問会議は30日、2%物価目標を目指す日銀の金融政策の進捗状況を集中審議した。日銀の黒田東彦総裁は従来通り「2015年度を中心とする期間に2%程度に達する可能性が高い」と説明したが、諮問会議の民間議員は原油安による景気下支え効果を重視。2%目標の達成の後ずれを容認した。原油安で物価上昇ペースが鈍る中、政府と日銀の温度差が目立っている。

諮問会議では民間議員が、海外との貿易動向も映す総...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り787文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン