太陽光発電、都市の屋根で 伊藤忠・東芝など

2015/1/28付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

伊藤忠商事と東芝は環境コンサルタント大手の環境経営戦略総研(東京・新宿)と組み、駐車場と屋根の活用に特化した太陽光発電事業を2月に始める。今後2年で50カ所程度に発電設備を建設する。電力会社の送電網の受け入れ能力に余裕がある三大都市圏を中心に展開する。都市部で再生可能エネルギーの導入が進めば、災害対策にも役立ちそうだ。

太陽光発電事業を手掛ける新会社、ミドルソーラーエナジー(東京・千代田)を設立…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]