横浜市立大、細胞の「芽」使い肝不全を治療

2015/1/26付
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 ■横浜市立大学 谷口英樹教授らは肝臓を再生する新しい治療法を開発した。肝不全モデルのラットに肝臓の芽となる細胞を移植すると、半分以上正常な細胞に置き換わることを確かめた。2019年をメドにヒトでの臨床研究を目指す。

 研究チームは肝臓の細胞になる前の「肝芽」と呼ぶ細胞に着目した。胎児が持つ未分化の状態の細胞で、次第に肝臓に成長する。薬を投与して肝機能を働かなくした肝不全ラットに肝芽を移植した…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

関連キーワードで検索

谷口英樹横浜市立大学

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 21:17
21:15
北陸 6:02
6:00
関西 16:16
12:27
中国 12:27
7:01
四国 12:27
7:02
九州
沖縄
21:04
20:55

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報