/

この記事は会員限定です

国内映画興行収入が2000億円回復 14年、4年ぶり

[有料会員限定]

国内の2014年の映画興行収入が前年比6%増の約2050億円となり、4年ぶりに2000億円台を回復した。首位は米ウォルト・ディズニーの「アナと雪の女王」(アナ雪)で、歴代3位の254億円を記録した。アナ雪をけん引役にアニメ作品が健闘し、家族連れで映画を楽しむ動きが目立った。

アナ雪は主題歌「レット・イット・ゴー」が大ヒットし、幅広い世代から人気を集めた。興行収入は13年のトップだったスタジオジブリ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り526文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン