2018年12月19日(水)

ラピュータ・ロボティクス、警備や点検に低価格ロボ

2015/1/25付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ロボットベンチャーのラピュータ・ロボティクス(東京・新宿、ガジャモーハン・モーハナラージャー社長)は、オフィス警備やインフラ点検向けの低価格ロボットを開発する。ドローン(無人飛行機)などの市販品に独自の制御システムを組み込み、精密な動作ができるようにする。2018年までに年間20億円の売上高を目指す。

同社はスイス連邦工科大学チューリヒ校の認定ベンチャー。全地球測位システム(GPS)の電波が入ら…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報