2019年6月18日(火)

信州リンゴをフィリピンへ フロンティアベースが輸出

2015/1/21付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

農産物の輸出などを手掛けるフロンティアベース(軽井沢町、木村敏晴社長)は、長野県産のリンゴのフィリピンへの輸出を始めた。県内の金融機関や青果卸と連携、品質の高い県産リンゴで現地の中間層の需要を開拓する。県産米のインドネシアへの輸出も進める。環太平洋経済連携協定(TPP)合意をにらみ、県内農産物を海外販売する動きが加速してきた。

フロンティアベースはフィリピンの小売り最大手「シューマート」の13店…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報