再び正念場のシャープ、人件費を緊急削減
今期赤字へ

(1/2ページ)
2015/1/20付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

シャープは2015年3月期の連結最終損益が赤字となる見通しになり、新たな経費削減策を実施する方針を固めた。時間外労働(残業)カットなどで合計45億円程度の固定費節減を見込む。労働組合は今春の労使交渉で電機連合の「統一闘争」から3年連続で離脱し、ベースアップ(ベア)を要求しない方針。労使一体で緊急対応を急ぐ。テレビなどの不振に加え、頼みの液晶事業でカバーできないのは誤算だ。再建は再び正念場を迎える…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]