/

この記事は会員限定です

中央大・JAXA、ミミズ型の土掘るロボット

[有料会員限定]

中央大学の中村太郎教授らは宇宙航空研究開発機構(JAXA)と共同で、ミミズのように動いて土を掘り進むロボットを開発した。体を伸び縮みさせて進むぜん動運動をまねた。将来の月面探査での利用を視野に入れている。

ミミズの体は約150の節でできている。頭部の体節を収縮させ、順に後方へ伝える。その後前の体節から伸ばしていくことで前に進む。

ロボットは直径が約13センチメートル、長さが約90センチメートルの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り206文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン