/

この記事は会員限定です

日経アジア感染症会議、産学官の医療連携訴え

[有料会員限定]

エボラ出血熱、デング熱など感染症が例年以上に注目を集めている。身近に起こりえる問題と認識させられる中、アジアの感染症対策を話し合う第2回日経アジア感染症会議(主催・日本経済新聞社、日経BP社)が16~17日、沖縄県名護市で開かれた。感染症対策の具体化に向けて議論し、必要な行動計画をまとめた。

会議には日本と中国、ラオス、ミャンマーなどアジア各国や国際機関・団体の専門家、政府関係者ら200人が参加し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り901文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン