/

この記事は会員限定です

太陽光パネルの熱再利用 シャープ、住宅向け省エネ設備

[有料会員限定]

シャープは住宅の屋根に設置した太陽光パネルで発生する熱を回収して暖房や給湯に利用する省エネ設備を開発、今年春に欧州を皮切りに販売を始める。顧客の電気代を最大で4割程度削減できるメリットをアピールし、価格競争が激しい太陽光パネル事業の収益改善につなげる。

太陽光パネルは表面温度がセ氏20~25度の時に最も効率的に発電する。シャープの新技術では、太陽光パネルの裏側に取り付けた配管に不凍液を流して熱を吸...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り401文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン