/

この記事は会員限定です

ネット告発、企業揺らす SNSなどに商品への苦情続々

[有料会員限定]

商品やサービスへの苦情が交流サイト(SNS)などを通じてインターネット上に拡散し、企業が対応を迫られるケースが目立つ。不正確な内容も少なくないが、消費者の「ネット告発」が悪質なサービスをやめさせたケースも出ている。企業の対応が遅れれば、消費者に「不都合な事実を隠している」と受け止められる恐れがあり、ネット時代の危機管理のあり方が問われている。

「ペヤングからゴキブリ出てきた」。昨年12月2日、ツイッター...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1044文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン