/

この記事は会員限定です

建設作業リーダー争奪戦 清水建設、報奨金2倍に

[有料会員限定]

建設大手がリーダー格の現場作業員の確保を急ぐ。独自の報奨金の制度を拡充するケースが目立ち、清水建設は2015年度に支払金額を今年度の約2倍に引き上げる。大林組は技能伝承を後押しするため支給年齢を引き上げる。建設業界は作業員の人手不足が深刻になっている。東京五輪まで工事は高水準が続きそうで、中長期で自社の工事能力を維持する考えだ。

建設業の人手不足は続いており、足場を組むとび工など骨組みにたずさわる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り703文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン