/

「笑笑」そっくり家宅捜索 2店近接、商標権侵害の疑い

大手居酒屋チェーン「笑笑(わらわら)」とそっくりの看板を掲げて営業したとして、広島県警福山東署は14日までに、福山市昭和町の居酒屋「笑・笑」を商標法違反の疑いで家宅捜索した。

捜索容疑は、笑笑を運営する外食大手「モンテローザ」(東京)の商標権を侵害した疑い。地元歓楽街の一角にある建物の1階で営業し、笑笑と同じ名称の料理もある。

現場から約600メートルの距離には、笑笑の福山駅前店が営業。笑・笑を経営する女性は取材に「2000年に店を始めた当初は付近に笑笑はなかった。『笑』と『笑』の間に『・』も付いているので大丈夫だと思った」と話した。

捜索は13日午後3時すぎに開始。捜査員数人が約1時間半にわたり、オレンジ色の下地に「笑・笑」や「わらわら」と白で書かれた看板の大きさを測り、押収した資料を段ボールで運び出した。

モンテローザは1998年から順次「笑笑」「わらわら」を商標登録しており、国内外で約300店を展開。広島県内では6店が営業している。利用客らの問い合わせで情報を把握し、昨年11月下旬に刑事告訴していた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン