/

この記事は会員限定です

キリン、「一番搾り」派生商品拡充 営業子会社を吸収へ

[有料会員限定]

キリンビールは9日、2015年のビール系飲料の販売計画を発表した。主力の「一番搾り」ブランドは派生商品を拡充するほか業務用の営業を強化し、前年比6.6%増を目指す。17年には営業子会社キリンビールマーケティングを吸収合併し、意思決定を速める。苦戦が目立つビール系飲料のてこ入れを急ぐ。

15年のビール系飲料の販売計画は0.4%増の1億4220万ケース(1ケースは大瓶20本換算)で、ビールは2.5%...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り589文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン