/

この記事は会員限定です

春節訪日客、専用商品や売り場で取り込み コーセーや百貨店

[有料会員限定]

中華圏の旧正月である2月の春節を控えて訪日客向けの商品や売り場を設ける企業が相次いでいる。コーセーは主力ブランドで春節限定商品を発売し、高島屋、大丸松坂屋百貨店は化粧品、時計の売れ筋を集めた専用売り場を設ける。2015年は1500万人の訪日客が見込まれ、昨秋から免税品に消耗品が加わり関連売り上げが急増する。各社は新たな商戦期と位置づけ顧客争奪に臨む。

コーセーは主力ブランド「コスメデコルテ」で東京...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り711文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン