2019年1月22日(火)

萩観光、よりスムーズに ノンストップバスや大型駐車場

2015/1/10付
保存
共有
印刷
その他

山口県萩市への交通を便利にしようと官民が取り組みを強めている。防長交通(周南市)と中国ジェイアールバス(広島市)は11日、新幹線が停車するJR新山口駅(山口市)と萩を結ぶノンストップバスの運行を始める。また市は同日、中心部の旧明倫小学校グラウンドを駐車場として利用できるようにする。大河ドラマ放映などによる観光客増加に対応する。

ノンストップバスは「スーパーはぎ号」。旧明倫小学校の体育館に同日オープンする大河ドラマ館の横のバス停「萩・明倫センター」と、新山口駅の間を1日4往復する。小郡萩道路や中国自動車道を使い所要時間は約1時間。料金は2060円。来年1月10日まで運行する。

新しい駐車場は普通車約180台、大型バス10台などを収容できる。利用料金は普通車が1回310円。萩市民は無料で使える。周辺の景観との調和を目指し、自然な土色の舗装とした。

明倫小学校は藩校だった明倫館跡地にあったが昨年移転した。ただ、歴史的な建造物の校舎などは残っており、野村興児市長は「萩観光の拠点として明倫館跡地を活用する」と話している。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報