/

この記事は会員限定です

住友電工、次世代蓄電池の生産コスト10分の1に

[有料会員限定]

住友電気工業は次世代の大型蓄電池の生産コストを大幅に引き下げる技術を開発した。高価なレアメタルを使う必要がなくなり、電池の生産コストを1キロワット時当たり2万~3万円と現在の10分の1以下にできる可能性がある。2020年にも量産品を市場に投入する。大型蓄電池の低価格化で先行して再生可能エネルギーの普及を後押しし、事業の拡大を狙う。

大型蓄電池は太陽光など再生エネを効率的に利用するために必要で、世界...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り574文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン