2019年9月22日(日)

カンボーザ銀、高額納税リストで首位

2015/1/6付
保存
共有
印刷
その他

■カンボーザ銀行(KBZ、ミャンマーの民間銀行大手) ミャンマー財務省がまとめた2013年度の高額納税者リストで首位となった。オーナーはかつての軍事政権と緊密な関係にあった。

納税額2位はミャンマー有数の複合企業であるアジア・ワールド。3位はホテル運営、建設、貿易を手がけるシュエ・タン社だった。アジア・ワールドのオーナー、ウ・トゥン・ミント・ナイン氏、シュエ・タンのオーナーのウ・アイク・トゥン氏のいずれも米国の制裁対象リストに含まれている。

ミャンマーの国内事情に詳しい関係者によると、ミャンマーではかなりの数の企業が税金を納めていない。このため、納税企業は貴重な存在で、今後もこれらの企業が政治的影響力を維持するとみられる。

高額納税リストは財務省の内国歳入局がまとめ公表した。KBZの13年度の納税額は170億チャット(約20億円)で、同国の税収総額の0.4%に相当するとみられる。

(ヤンゴン=ウ・トレイン・ラ・トゥエ)

訂正> 6日0時13分に掲載した「高額納税リストで首位」の記事中で、カンボーザ銀行のオーナーを「米政府が制裁対象リストに載せている」とあったのは誤りでした。(2015/1/6 16:48)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。